イギリスから缶や陶器の「 ビンテージ雑貨 」が入荷しました!

陶器類は イギリスの Hornsea(ホーンジー)や Denby(デンビー)が中心です。
IMG_5459.JPG
色味や柄がレトロな雰囲気で、ノースファクトリーで製作している家具や販売している商品との相性が抜群なのです! スージークーパーやウエッジウッドなどの花柄も販売していますが、ホーンジーやデンビーはちょっと渋めなところがお勧めです。 少し時間はかかりますが、順にオンラインショップに掲載予定です。 今店頭で販売している陶器類の一部はオンラインショップでもご購入いただけます。

◆ホーンジー社
ウエストヨークシャー州で1949年に設立された陶器メーカーです。 2000年に解散してしまいましたが、北欧を意識した幾何学模様のデザインが特徴です。 昔 札幌でも取り扱っている所があったそうで、当時のものをお使いの方もいらっしゃるようです。 

◆デンビィ社
英国中部ダービーシャー州で 1806年に創業した老舗メーカーです。 道路建設時に発見された粘土の質を調査し、そのポテンシャルを確信して 1809年に発見された粘土層の近くで陶器の製造を始めました。 1つの製品が出来上がるまでに25人もの手を経由して作られているそうです。



古い缶は、主にお菓子の入っていた缶です。 
IMG_5462.JPG
キャンディやビスケット・トフィなど 日本でも知られているメーカーの缶もあります。 色や絵柄がかわいらしく、キッチンのアクセントにいかがでしょう? 蓋に丁番が付いているものは便利そう。

中に何を入れるのかを考えるのも楽しいですね! 袋に入ったお菓子を入れたり乾物を入れたり、裁縫箱としてお使いになるのも良いと思います。 

缶の中は少し錆が出ているものもありますが、まだまだお使いいただけます。 気にならない程度に錆を落としたり、紙や布を敷いたり 少し手を加えてみて下さい。




posted by ノースファクトリー | お知らせ

英国から 『 ステンドグラス 』 が入荷しました!

人気の『 ステンドグラス 』が6枚入荷しました。
IMG_5441.JPG

IMG_5442.JPG

作られたのは1930年前後のイギリスといわれています。
民家の窓やドアに使われていた物を、家を解体する時に外されて はるばる日本にやって来ました。 イギリスでは引っ越した先の古い窓枠を好みの色に塗り重ねて使う習慣があるそうです。
その痕跡のあるもの、ところどころペイントの剥げているもの 物を大事に使うお国柄ならではですね。 

窓に立てかけたり 壁やドアに嵌め込んだり お気に入りを見つけて下さい。
今回は幾何学模様が中心です。 偶然 先日SOLD OUTになったのと同じデザインも入荷しました。  
 
オンラインショップには既に12点ほど掲載されていますが、今回入荷したステンドグラスの追加は 雪が解けて窓の外に緑が見えるようになってからの予定です。

店頭販売を始めましたので、気になる方は是非ご来店下さい。
遠方の方は サイズや価格などお問合せ下さい。 宅急便でお送りします!



posted by ノースファクトリー | お知らせ