『 シャビーシックキッチン 』にリフォーム! - 前編

IMG_7019.JPG
築28年の戸建てにお住まいの中央区 H様 

数年前から少しずつ外壁や窓・内装などに手を加えて来られましたが、キッチンは手付かずでした。 今年に入ってレンジフードが不調になったことから、キッチンをリフォームすることに。 どんなキッチンにするか考えるうちに 昨年偶然ショップに立ち寄られて目にした展示キッチンを思い出され、5月の上旬に相談にみえました。

リフォームにあたり、今 使い難かったり変えたいと感じているところはどこなのか どんなレイアウトのキッチンにされたいのか どんな機器を使いたいのか などをお聞きし、見積に入りました。 H様のキッチンへの希望は、扉は展示のようなシャビー塗装の物に 天板下の収納は抽斗中心に ガスコンロは今使っている物をそのまま使い 食洗機は入れたい 天板はタイルも良いけど 手入れの事を考えて人大に 水栓はスワンネック などなど 
背面は全面的に入れ替えて、天板の上には極力物を置かずにすっきりとさせて 炊飯器やゴミ箱をビルトインして使い易く ということでした。

キッチンと壁面収納の全てをリフォームする方法もありましたが、次のように提案しました。
・キッチン吊戸は既存のままで扉の交換
・キッチン下台はシステムキッチンに入れ替えて扉を交換
・背面は撤去して新に製作
・背面の天板はそのままでシャビーに塗装

こうして7月中旬に3日間掛けて工事を行い、無事リフォームが終了!!
この様子を2回に分けてご紹介します。

◆befor
リフォーム前のキッチン 扉に赤いシートを貼って使っていました。
P1060751.JPGP1060752.JPG

新築時の背面収納は、生活スタイルの変化で使い難くなっていました。
P1060756.JPGP1060753.JPG

ダイニング側から見た背面収納
image1.JPG

まず キッチンの下台だけを新しい物に交換 
P1060845.JPGP1060851.JPGP1060852.JPG

◆工事 一日目
背面収納を解体し、工房で製作したキャビネットを組み込みます。
P1060855.JPGP1060858.JPGP1060870.JPG
P1060875.JPGP1060872.JPGP1060876.JPGP1060881.JPG
キッチン側は扉や前板を全て取り外し、同じサイズで製作した扉や前板を取付。

◆工事 二日目
背面収納の天板を元に戻して、扉や前板に取手を取り付けて 扉の位置や開閉などを調整 その後 周りをしっかり養生して、水性塗料を刷毛とローラーを使い 均一になるよう2回塗り
P1060897.JPGP1060900.JPGP1060905.JPG
P1060906.JPGP1060911.JPGP1060922.JPG
翌日まで放置して塗料を乾かします

◆工事 三日目
天板をシャビーにするためにもう一手間!
P1060577.JPGP1060578.JPG
長年使い込んだかのようなテクスチャーに!


◆質感の違い
今回H様が特に拘ったのは扉の質感
システムキッチンの扉とシャビー仕上の扉 こんなに違います!
どちらが良いということではありません どちらが好ましいと感じるのか という事だと思います。
P1060869.JPGP1060891.JPG
左の画像の右2段はシステムキッチンの前板 右の画像は全て交換後

IMG_6962.JPGP1060583.JPGIMG_6963.JPG
IMG_7041.JPGIMG_7040.JPGIMG_7042.JPG

この質感を生み出しているのは職人の手仕事 ここが量産品との大きな違いです。

8/6(土)にアップする予定の後編でいよいよ全貌が ご期待下さい!






posted by ノースファクトリー | 店長コラム

● お盆休みのお知らせ ●

= Information =

今年は 8月13日(土) 〜 8月16日(火) まで夏季休業いたします。

この間 オンラインショップでのお買い物は出来ますが、

発送と問合せの回答は17日(水)からになります。

ご了承下さい。




posted by ノースファクトリー | お知らせ

『 男前インダストリアル 』なリフォーム

西区にお住まいのS様、アパートのオーナー様でもあります。
ご夫妻ともDIYが大好きで、アパートに空室が出たタイミングの休日を利用してリメイクされていらっしゃいます。

『 インダストリアルなお部屋 』にされたと画像を送って下さいましたので、ご紹介します。
IMG_0916[1].JPG

毎回お部屋のテーマを決めてそのイメージに沿った素材をチョイスしてのDIYです。 費用を抑えつつも魅力的な部屋作り センスの良さに毎回感心します。

after
IMG_0957[1].JPG
IMG_0864[1].JPGIMG_1068[1].JPGIMG_0960[1].JPG

IMG_1118[1].JPGIMG_0865[1].JPG

befor
IMG_0796[1].JPGIMG_0806[1].JPG

以前リメイクされたお部屋(昨年のFB 6月26日で紹介しています)とも違った雰囲気。
IMG_3299.JPG

ドアとロフトの階段や手摺は今回もチョークペイント 洗濯機置き場のドアは製作 キッチンにカウンターを取り付け 天板にモザイクタイル キッチンにはブリックタイルを貼り アイアンのあしらい ロフトの切文字 ドアのステンシル さすがです。

玄関の床に貼ったのは車用のシート(7/9訂正 店舗用のシート)チョークペイントのドアとの相性が抜群で、S様も大満足!!

適材適所 素材の特長を生かしているからこその仕上りです!

現在進行中のお部屋のテーマは『 北欧スタイル 』 完成が楽しみです。
IMG_1077[1].JPG

市販されている塗料はたくさんありますが、チョークペイントを採用される場合のポイントを伺いましたので、参考になさってください。

《 チョークペイントは、ドアなど意匠を凝らした雰囲気に仕上たい時に最適です。 塗るだけで塗料でありながら漆喰のような深みのある表情が出せます。 マットな質感が、時を経たような厚みのある趣を感じさせてくれる、他の塗料ではなかなか出せない味わいで、とっても好きです。 》

手の触れる場所や身近な物に、チョークペイントの質感は最高ですね!


ご自身のお部屋をリメイクされたい方、不動産をお持ちのオーナー様 S様のような魅力的なリフォームをなさいませんか? 
33色のチョークペイントは混色しても濁らず、希望通りの色が出せます。 表面のテクスチャーも刷毛やローラーの使い方で、スムースに・シャビーに・クラックが入ったようになど幾通りにも表現できます。 

DIYで採用したい、鉄や陶器のタオル掛け・アメリカンスイッチ・照明器具など様々なスタイルのアイテムを取り揃えています。 ご相談下さい!



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

お客様のペイント実例 - アンティーク家具のペイント

イギリスアンティークのコーヒーテーブルをお使いの白石区 I様。
天板に輪ジミが・・・・どうしようかと考えていた時にご来店の機会があり、『 チョークペイント 』に出会い「 塗装してみたい! 」と、翌週の『 ワークショップ-入門編 』に参加されました。 塗装のコツを覚えたI様は 早速ご自宅でペイント。 鉄は熱いうちに・・・といいますが、目的のある方の行動力はすばらしい! とても素敵にペイントされました。

!cid_47394A80-9FF4-47C3-BC78-2320E85F7EAA.jpg


I様はワークショップで使った候補色の中から「 20プライマーレッド 」を選び、まず天板をペイントされました。 その後 縁をどうするか考え、縁を塗装。 2度に分けて塗装された様子をご紹介します。

ペイント前の天板 気になっていた輪ジミや色褪せが見て取れます。 
!cid_06542CDE-2827-482F-B71C-25B4FB02884F.jpg

天板の縁をしっかりと養生してペイント 丁寧な仕事ぶりがうかがえます。
!cid_957DB396-A57C-44EF-8EDC-673776F1D6D8.jpg


1回目の塗装の成果 塗装面もきれいですね! 
!cid_8FA85E10-72AD-4A96-92F7-4BA719A76A8B.jpg!cid_3959660E-6863-46CF-B9F4-9EA5BAD71659.jpg

I様から頂いた1回目のメールを抜粋でご紹介します。
楽しい講習をありがとうございました! 初心者でも、こんなに簡単できれいに塗れるなんて感動しました! お話していた「 コーヒーテーブル 」の天板を塗ってみました。 気になっていた丸いシミが見えなくなったのも嬉しいのですが、このプライマーレッドの赤漆にも似た落ち着いた仕上がりがとても気に入っています。 とりあえず天板だけを塗って、縁はどうしようかちょっと様子を見ようと思っています。

数日後 天板の縁もペイント 側面塗り分けのセンスはお見事です! 
!cid_22BD6FEE-0E03-48CA-9468-7B41622F121C.jpg


2回目のメールをご紹介します。
グラファイトとプライマーレッドを混ぜて天板の縁を側面まで塗り、さらに側面のくぼみにプライマーレッドのみでラインをつけました。 側面のラインはつけるかどうか迷いましたが、これはこれでよい出来ではないかと思います。 おかげさまで、素敵なテーブルに生まれ変わりました。

画像から満足感も伝わり、お勧めして良かったと思います。


I様のようにお使いの家具や保管してある家具などをペイントしませんか?

譲り受けた家具や お子さんが使っていた愛着のある家具などを、今のインテリアに会うようにペイントして使い続ける。 今ある物を「 大事に使う 」という文化 大切にしたいですね。

そのためにまず『 ワークショップ-入門編 』へご参加を! 7月は17日(日) 8月は3日(水)と7日(日)に開催予定です。 

自分でペイントするのは・・・とお考えの方には、ペイントサービスも承ります。 ご相談下さい!

 

posted by ノースファクトリー | 店長コラム