◆ペイント家具「フレンチシックチェスト」誕生!

1-1-IMG_2816.JPG

欧米ではペイントで古い家具を蘇らせるのが人気です。

家具や壁・建具などを今の暮らしやインテリアに合わせてペイントして使い続ける 見習いたい「 文化 」ですね。

当店でも英国の塗料「 チョークペイント 」を販売しています。
5年目に入りましたので、店頭で塗料やペイント家具をご覧になった方も多いと思います。

「 チョークペイント 」は炭酸カルシウムが主原料の自然派塗料 嫌な臭いが無く、乾きが早いので短時間作業が可能です。 一番の魅力はヨーロッパを感じさせる色! そしてマットで柔らかな質感!! インテリア向きの塗料が37色 壁や建具向きが16色 仕上のワックスは4種類あります。

店内の壁や天井 家具類にもペイントして展示していますので、ペイントに興味を持って塗装する方が増えてきている と感じます。


今回「塗装サンプル」としてペイントしたのが「 英国アンティークチェスト 」

10-英国チェスト.JPG03-IMG_2819.JPG

ウォールナットの雰囲気の良いチェストですが、今のインテリアに合わせるのは難しそう。 そこで、フレンチシックに変身させてみました。 柔らかな雰囲気で 置いてみたくなりませんか? 

06-IMG_2828.JPG05-IMG_2827.JPG

01-IMG_2814.JPG02-IMG_2815.JPG04-IMG_2822.JPG

ペイントにステンシルがプラスされフレンチ感がUP!
08-IMG_2832.JPG07-IMG_2831.JPG09-IMG_2833.JPG

チョークペイントの 08カントリーグレーと33オリジナルをミックスしたものを全体に塗り、ラインには08カントリーグレーと17オンフルールのミックスを刷毛で ステンシルは17オンフルールでペイントしました。
当店では今回使ったステンシルシートを含め、10種類ほどの素敵なシートも販売しています。

お気付きと思いますが、この塗料は混色して好みの色が作れるのです。 それぞれの分量はケースバイケース。 
原色だと強い印象になりますが、ミックスすると優しげな色になって周りに馴染みやすくお勧めです。

ペイントのあとはワックス掛け 今回はクリアワックスの後にダークワックスを掛けてシャビーに演出!

「 前からそこにあったように 」 ペイントする時に心がけている事の一つです。


ペイントしてみたい方 ご相談下さい! 
塗料の色や仕上げ・ステンシルされたい方はレイアウトなどアドバイスいたします。

アンティークがベースなので一台しかありませんが 販売もしています。 サイズや価格はお問合せ下さい。

ペイント家具はご家庭でお使い頂くだけでなく、美容室やサロン 喫茶やレストラン ホテルのロビーなど 非日常空間を演出したい場所にもお勧めです。 こちらもご相談下さい。






 
posted by ノースファクトリー | 店長コラム

◆椅子座の張替

1-IMG_2780.JPG

当店では18年ほど 2タイプのオリジナル椅子を販売してきました。
1脚はアンティーク椅子を参考に、書斎のデスクに合わせるイメージでデザインした『 スカラーチェア 』
もう1脚はダイニングテーブルでお使い頂く事を想定したカジュアルな印象の『 キッチンチェア 』

「座り心地の良い椅子をオリジナルで提供したい」と考えてきたのですが、『 スカラーチェア 』は数年前に 『 キッチンチェア 』もあと1脚で廃盤になります。

先日 その『 スカラーチェア 』の座の張り替えをお受けしました。
13年前にアメリカンチェリー材でダイニングテーブルとスカラーチェアをお買上頂いた豊平区のO様。 長年お使い頂いたのにグラつきはさほどありませんでしたが、4脚とも座の縁が擦れていました。 
2-IMG_2768.JPG1-IMG_2767.JPG
3-IMG_2770.JPG5-IMG_2773.JPG4-IMG_2771.JPG


お預かりして張替え、塗装もメンテナンスして、2週間ほどでお引渡ししました。 座に選ばれたのは柔らかな肌触りのソフトレザー。
4脚とも同じ色。 経たったスポンジも交換したので新品同様になり、喜んで下さいました。
2-IMG_2781.JPG4-IMG_2785.JPG

O様同様にこの2タイプをお使い頂いている方で生地が擦れた場合はご相談下さい。 綿のチェック地は廃盤になっていますが、無地やソフトレザーでの張替を承ります。

なお 椅子座の張り替えは、弊社のオリジナルチェアをお買上頂いた方限定となりますので ご了承下さい。





posted by ノースファクトリー | 工房通信