『 シャビーシック-フレンチチェア 』にリメイク!

IMG_8832.JPG

英国アンティークの「 バルーンチェア 」 背もたれが風船のような形からそう呼ばれています。 年代は不明ですが、ビスの形状や座の素材から かなり古いものだということがわかります。 
IMG_4641.JPGP1060764.JPGP1060778.JPG
塗装面のニスがポロポロと剥がれ落ちるので取り去り、脚の飾りに入っていた亀裂を修理して リメイクすることにしました。

IMG_4651.JPG
座は張り替え済みのようなのでそのまま生かし、フレームのみをチョークペイントで塗装することに。

トリムを外し
P1060782.JPGP1060784.JPGP1060785.JPG

座を養生して、
P1060788.JPGP1060789.JPGP1060791.JPG

01オールドホワイトと12オールドオークルをミックスしてペイント
P1060792.JPGP1060793.JPGP1060794.JPG

使い込んだようにエッジを出して、ワックスで仕上げます
IMG_8833.JPGIMG_8834.JPGIMG_8842.JPGIMG_8843.JPGIMG_8851.JPG

取り外したトリムを付けてリメイクの完成!
IMG_8829.JPGIMG_8830.JPG

元の椅子も素敵でしたが、ペイントが功を奏して 魅力的な『 シャビーシック-フレンチチェア 』に生まれ変わりました!
IMG_8841.JPGIMG_8839.JPGIMG_4640.JPG

この一連の作業は何日もかかり、簡単ではありません。 が、椅子の状態を見て 色や仕上げをどうするのかを考えるのはとても楽しい作業です!

本体をペイントするだけでこんなに雰囲気が変わるんです!! 
興味のある方はご相談下さい。


posted by ノースファクトリー | 店長コラム