アンティークグレインサック

「グレインサック」とは、ヨーロッパでジャガ芋や麦などの穀物を保存するために使った「麻の袋」のことです。 繰り返し使うために丈夫である必要があり、麻が使われました。 どこの家の袋かわかるように 赤や青・黄色などのラインを織り込み 袋状にして使っていました。 文字やマークがステンシルされた物もあります。 この使い古された麻のざっくり感に魅せられ 集めました。

IMG_9010.JPGIMG_9012.JPG 

さあ この生地を使って何を作ろう・・・  
クッションやバックも見かけますが、家具屋らしく古い椅子やスツールの座に使う事を考えました。 
木部のペイントにはもちろんチョークペイント! 相性も抜群です!! 

「グレインサック」と「チョークペイント」の組合せでスツールが2台完成しました。 FB https://www.facebook.com/northfactory.japan/に掲載しましたが、改めて紹介します。

一台目はパイン材のスクエアスツールをベースに製作。
IMG_8948.JPGIMG_8947.JPGP1060774.JPGIMG_8949.JPGIMG_8950.JPG

先に脚をオールドホワイトとパリスグレーを混色して2回塗り、少し塗装を剥がしてクリアーワックスとブラックワックスをかけ ざっくりした麻生地に合わせて少しシャビーにしました。

座は未使用のアンティークグレインサックにステンシル。
布座にするため板座にクッションを乗せ、グレインサックを被せてエアタッカーで固定、縁にテープを取り付け完成です。 清楚な印象のスツールになりました! 

二台目は古いミシンスツールをベースに製作することに。
IMG_8999.JPGIMG_9000.JPG

グラツキがひどく 座も痛んでいたので分解することから始めました。  
集めた中にツギの当たっているグレインサックがあり、このスツールにピッタリだと感じ採用することに。
P1060819.JPGP1060824.JPGP1060825.JPG
P1070001.JPGIMG_8992.JPGIMG_8998.JPG

座にクッションを載せ、ステンシルをしたグレインサックを被せて一台目と同じように座を作りました。 
脚は洗ってからチョークペイントで塗装。 こちらは1回目にダックエッグブルー 2回目にグラファイトとオールドオークルの混色でペイントして、ところどころ塗装を剥がし クリアーワックスとダークワックスで仕上げました。 出来立てなのにずっと使われていたかのようなスツール! 

今まではペイントでリメイクする事が多かったのですが、そこに生地の張替えが加わり バリエーションが広がりました。 
古いものを素敵にアップサイクル! 楽しい作業です。


今 これらを体験できる 「ワークショップ」 を計画しています。
板座のスツールを布座にリメイクするワークショップです。 チョークペイントで塗装して、クッションを載せ、お好みの生地を張って製作。 生地はグレインサックの他に厚手の麻や綿生地を多数用意しています。
IMG_9016.JPGIMG_9014.JPGIMG_9015.JPG

ノースファクトリーならではの「DIY ワークショップ」にご期待下さい!

 
 
posted by ノースファクトリー | 店長コラム