ホワイト塗装の家具

クルミ材にホワイト塗装のテーブルとイスを展示しました。

塗装が違うだけで印象がガラリと変わります。

RIMG1241.jpg

ダイニングテーブルはストレート脚 脚の付け位置を際にしてます。

RIMG1240.jpg

定番の『脚が中に入り込んだスタイル』も人気ですが、
脚を外側につける注文も増えてます。

イスはスカラーチェアを組み合わせました。 座は布座です。

RIMG1238.jpg

座の色はお好みで変えることもでき、本革やソフトレザーもOKです。


今まではカップボードやデスク、キャビネット、キッチン扉など
パイン材にホワイト塗装をすることが多かったのですが、今後は
クルミ材やハードメープル材での展示を増やしていくつもりです。

ホワイト塗装のキッチン
_DSF0015.jpg _DSF0029.jpg

ホワイト塗装の家具
P1000892.jpg 名称未設定 1.jpg

ショップにはハードメープルの塗装サンプルも置いてますので
興味のある方はご来店下さい。

弊社では木の呼吸を妨げない植物性のワックス仕上げが基本ですが、
塗膜をつけるウレタン塗装も承ります。

ホワイト塗装の価格はナチュラルなワックス仕上げと同じです。
ウレタン塗装は少しアップします。





posted by ノースファクトリー | 店長コラム

鉄管からポリ管へ水道管の交換工事

ノースファクトリーでも給湯ボイラーや暖房ボイラーを交換したり、
鉄管からポリ管への交換工事を承っております。

水道管は床下や壁の中で目に見えませんが、ある程度の築年数が経過し
ている中古物件購入やリフォームの際には行った方が良さそうです。

サビを放置しておくと、
接続している機器類が故障したり 壁の中で水道管が破裂したり、
重大な事が起きる可能性があります。

水道水に鉄サビが混ざっていたら ご相談下さい。


築20年ほどの戸建の事例をご紹介します。 

キッチンの配管 
配水管の後に見えるのが古い鉄管で、これは撤去します。
新しい管はポリブデン製。赤い管がお湯用、青い管が水用です。
 
RIMG0936.jpg → RIMG0931.jpg

洗面の配管
キッチンの裏側で、壁にあいた穴に古い鉄管が通ってました。
床から立ち上げてキッチンに配管しています。

ROT01937.jpg → RIMG0945.jpg

給湯ボイラーを床置きから壁掛けへ入れ替え 
RIMG0804.jpg → ROT01941.jpg

配管が2本にまとまり、すっきり。 穴の跡はウレタンで塞いでます。
ROT01942.jpg  この後で珪藻土を塗ります。

暖房ボイラーの交換 膨張タンク壁取付けタイプでした。 
RIMG0834.jpg RIMG0809.jpg

ROT01958.jpg 膨張タンク内蔵型ですっきり


暖房パネルの増設で玄関前の廊下が温かくなりました。

RIMG0835.jpg → ROT01952.jpg

キッチン・洗面・ボイラーの交換時に配管交換工事をお勧めします。


posted by ノースファクトリー | 店長コラム

システムキッチンにガスオーブンをビルトイン

ROT01968.jpg

既存のシステムキッチンにガスオーブンの取付工事を行いました。

どのキッチンにも追加できるわけではありませんが、ご紹介します。

築12年のマンションにお住まいのS様

上置きのオーブン(ガスコンロの上において使うタイプ)で
パンやお菓子作りを楽しんでらっしゃいました。

でも使うたびに出したり仕舞ったりするのが大変。
庫内は小さくシフォンなどが思うように作れません。

そこでガスオーブンを購入されることを決意され、キッチンと少し離れた
場所にガスの配管をしてオーブンを置く事になっていたそうです。

実はノースファクトリーへはオーブンを置く台の相談に見えたのですが
離れた場所は使い難いので 状況を伺い ビルトインをお勧めし、
現調の結果“ビルトインが可能”と解り工事に入りました。

ROT01887-2.jpg  RIMG0962.jpg
                       
RIMG0969.jpg

ガス下の収納を取り外し、近くのコンセントから電源を配線し、
ガスの配管工事を行い すっきりと収まりました。
接続の関係でガスコンロも新しいものと交換しています。

コンロ下に収納できなくなった調味料などのためにタイルトップの収納も
ご注文頂きました。

ROT01972.jpg

タイルの色味はお任せ頂いたのですが、キッチンの扉や壁のタイルの色に
マッチしている と喜んでいただけました。


機器類の交換やキッチンのリメイク、リフォームをお考えの方の
ご相談をお待ちしております。






 
posted by ノースファクトリー | 店長コラム

オーダー家具-A お仏壇

名称未設定 1.jpg


ノースファクトリーが最初にお仏壇を作ったのは 4年前 でした。
ご新築の時に家具をご注文いただいた方からでした。

「家族の傍に置いて寂しくないようにしたい」
というご意向を受けて製作しました。


カントリースタイルの家具をお使いでしたから、
リビングにも違和感無く馴染んだと思われます。

5月にもカントリースタイルで製作しました。

P1050041.jpg

P1050045.jpg P1050038.jpg P1050039.jpg

それぞれのご事情は解りませんが、
木の温もりに癒されるのではないでしょうか?

ノースファクトリーの家具は
カントリースタイルとアーバンスタイルがありますので
シンプルで落ち着いた印象のアーバンスタイルにすることもできます。

パイン材の他にナラ、クルミ、ハードメープルでも製作致ます。

サイズなどお部屋の雰囲気に合わせて製作しますのでショップへご相談下さい。


posted by ノースファクトリー | 店長コラム

ご新築オーダーキッチン

スウェーデンハウスさんでご新築のW様のオーダーキッチンが完成しました。

RIMG1066.jpg
 
家事がはかどりそうなレイアウトのU型キッチン。

扉はパイン材に優しい色味のワックス仕上げ
天板は人工大理石 シンクのレモンイエローがキッチンのビタミンカラーです。


RIMG1091.jpg


RIMG1061.jpg


リビングダイニングの天井はパイン材 床はハードメープル
ウッディでナチュラルな室内にノースファクトリーのキッチンがマッチしています。



W様が最初にご来店されたのは昨年の11月でした。

『ツルツル ピカピカ してない扉』 を条件に探されていて、
ノースファクトリーの扉の質感が探し求めてらした感触そのものだったそうです。

レイアウトや機器類の組み合わせの自由さもを気に入って下さり見積もりへ。


収納計画や素材の細かなことは直接W様からご要望を伺い、
サイズや取り付けなどは設計士さんと打ち合わせを行って
W様のご要望を反映した『オリジナルキッチン』が完成したのです。


キッチンの高さは シンク側が90cm IH側は85cm 
 
今までにも86cm 87cm 83cmと身長に合わせて製作してきましたが、
今回W様がリクエストされたサイズは90cm。

RIMG1057.jpg

シンク前に立って洗う動作をしてみられ「腰を屈めなくて良さそう」
と喜んで頂けました。 毎日のことなのでここは重要なポイントですね。

白いレンジフードがさわやかなIH側の奥行きは60cm。
 
RIMG1052.jpg


RIMG1055.jpg RIMG1054.jpg

IH下はお鍋の出し入れがしやすい引出タイプ。
扉内はお手入れのしやすいポリ板ですが、縁のパイン材が特徴です。

お引渡しも終わり、新しいお住まいでの生活が始まりますが、
ノースファクトリーのキッチンで快適な家事ができますように! 


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


この頃はモダンタイプのキッチンが主流のようですが、
『疲れを癒してほっとする空間にナチュラルな素材は欠かせない』
と思う方もたくさんいらっしゃいます。

柔らかな手触りの木の扉のキッチンを探してご来店なさる方が多く、
もう来年のキッチンの予約を済ませた方がいらっしゃいます。

あなたの求めるキッチンは・・・?
ご新築でもリフォームでもリメイクでもOK。
こだわりのキッチンをお探しの方のご相談をお待ちしております。










posted by ノースファクトリー | 店長コラム

漆喰壁にナチュラルリメイク

築20年の戸建て住宅にお住まいの 厚別区H様。
暖房を灯油からオール電化に替えた際、配管工事のために
天井や壁の一部を剥がして補修が必要になりました。

工事前の天井や壁はビニールクロス仕上げ。
自然素材への関心を強くもってらっしゃたこともあり、この機会に
『漆喰壁』へのリメイクを とのご依頼で先日工事を行いました。

4室(リビング、ダイニング、キッチン、家事室)の
壁と天井 共に40u前後に漆喰を塗りました。 

RIMG1007.jpg



元々のクロスを剥がさずに行いましたので、
下塗りと本塗り 2日間の工期で済みました。

工事に入る前までは晴天が続き気温も高く乾燥気味でしたが、
工事に入る頃には気温が低く雨の日が続きました。

気温が低い時期や湿度の高い場合には乾きにくいのです。

幸い空調が効いていたこともあり、
湿度の高さも影響せずに終えることができました。

RIMG0057.jpg RIMG0060.jpg RIMG0058.jpg

H様の選ばれたのはグレイッシュなピンクが少しだけ入った白に近い色。
ほんのり優しい色味で明るい印象の室内にナチュラルリメイク!
RIMG1017.jpg 
ご希望の少しコテ跡の残る塗り方で柔らかな表情がでました。

RIMG1009.jpg 
アンティークの帳場箪笥もしっとり馴染みます。


リメイク前 / リメイク後

RIMG0894.jpg RIMG1004.jpg

RIMG0898.jpg RIMG1005.jpg


RIMG0905-2.jpg RIMG1016.jpg

RIMG0908.jpg RIMG1014.jpg


光が柔らかく感じられるようになって良かった!
とご満足いただけました。

今後スイッチやコンセントプレートを陶器製に変えられるご予定です。


壁や天井のリメイクは漆喰の他に珪藻土でも承ります。

原料は違いますが、どちらも見た目に優しく調湿効果や
有害物質の吸収などがあり、健康面でも安心です。

クロスの交換を考えている方は是非ご検討下さい。

ノースファクトリーの店内壁も漆喰と珪藻土で塗り分けていますので
お近くの方は違いを確かめにご来店ください。

料金はお部屋の広さや暖房器具・照明などの脱着などによっても違いますので見積いたします。

ナチュラルリメイクをご希望の方のご相談をお待ちしております。



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

オーダー家具-@ テレビボード

薄型テレビが主流になって、テレビボードの問合せが増えています。

以前はテレビを部屋の隅に置く事が多かったように思いますが、
最近は壁を背にして置いているケースが多いようです。

ノースファクトリーで作るテレビボードのサイズは
巾110cm以上 奥行き45cm位 高さ40〜50cm が中心ですが、
・テレビの大きさ・部屋の広さ・どの位置から見るのか・デッキの大きさなどが
それぞれの家庭で違うため、テレビ台に求める条件が多様化していると感じています。

tvbord-50.jpg
これはノースファクトリーの定番テレビボードです。
巾は120cm 奥行き45cm 高さ50cmです。

これを元にサイズを変更して作ることが多いのですが、
その他に最近オーダーで製作した一部をご紹介します。

RIMG0636.jpg P1000821.jpg 
スタンダードな形です。 2台ともクルミ材です。
左がアーバンスタイル 右がカントリースタイルです。
天板や台輪のデザインと扉の付き方が違います。
ガラス扉を透明にするかチェッカーガラスにするかでも印象が違います。

RIMG0288.jpg RIMG0290.jpg
画像ではわかりずらいのですが、部屋のコーナーに置くために五角形をしています。
イスに腰掛けてご覧になるので高さは80cmで作りました。 
ちょっと特殊なケースですが、オーダーだから実現できるサイズです。
材はパイン カントリースタイルです。

P1000813.jpg 
シンプルなテレビ台です。
お使い頂いているテーブルと同じ、ハードメープル材で製作しました。
引き出しにはDVDが収まり、デッキなどのサイズに合わせたレイアウトで
ご注文頂きました。


あと2年で地デジに移行しますし、今はエコ家電にポイントも付くため
テレビの買い替えが増えているとか。

テレビ台の買い替えも検討されていらっしゃるのなら、是非
ノースファクトリーへご相談下さい。

こだわりのサイズ、材、レイアウトでのオーダーを承ります。

お問合せや見積もり依頼をお待ちしております。






posted by ノースファクトリー | 店長コラム

製作の様子

ノースファクトリーの工房は旭川にあります。

大量生産の家具メーカーは同じ家具を一度に何台も流れ作業で作るのでしょうが、
ノースファクトリーの作り方は違います。

『使う方の暮らしに合わせた家具作り』をコンセプトにしていますので、
サイズも材質もデザインも全て違うものを1台づつ作っています。

柔らかな手触りも手作業で仕上げているからなのです。

工房は公開していませんが、ちょっとだけ製作風景をご覧頂こうと思います。

材は工房に積み重ねているものもあれば、その都度用意するものもあります。

木肌は1枚1枚微妙に違いますが、
違うものが組み合わさって自然な風合いになります。

P1000819.jpg P1000879.jpg
箱物やサイドパネル、天板などはクランプで締め付けて固定します。

P1000824.jpg
側板に大入組継の溝加工をしているところです。

P1000880.jpg P1000830.jpg
量が多いときはラックで、少ないときは立てかけて乾かします。

P1050018.jpg P1000883.jpg P1050032.jpg
クルミの和風本棚に色つきワックスを入れるところ。
これは特別濃い色ですが、色を入れる前と後ではずいぶんと違います。

P1050001.jpg P1050002.jpg
食器棚の裏板と人気のチェッカーガラス扉が取り付けられ完成間近。

P1050033.jpg P1050034.jpg 
1000×2000 チェリーの引出付テーブルの天板にオイルが入ったところ。 
オイルが乾いたら植物性のワックスをかけます。

P1000887.jpg
テーパー脚が付いて完成です。

P1050009.jpg P1000904.jpg
遠方に送る箱物。 これはキッチンの壁面収納でしょうか。

P1000903.jpg
テーブルはノックダウンなので、天板と脚を別々に梱包して送ります。

P1000810.jpg
札幌近郊は一車借り上げのトラック便で配送します。
この状態でトラックに積み込み、二人配送でお届けします。



元は1枚の板材 それが1台の家具になるまでに何工程もの作業が必要です。
様子を見ながら、種類の違う家具を並行して作っていきます。 

塗装が乾くのにも何日もかかります。今の時期は特に乾きが悪いです。
冬はストーブをたいているので乾きやすいのですが、
毎年今の時期は気温が低くて湿度が高いので冬場の倍近くかかります。


工房の作業風景の一部ですが、製作現場の雰囲気をお伝えできたでしょうか?


次回は工房で作られるオーダー家具をご紹介しようと思います。 




posted by ノースファクトリー | 店長コラム

ノースファクトリーのテーブル

kurumi.jpg


ノースファクトリーのオーダーテーブルは 

パイン・クルミ・ナラ・道産ニレ・ハードメープル
ブラックチェリー・ブラックウォールナットなどの材を使い、

nara180.jpgkurumi-wa.jpgmaple.jpgpine.jpg


 ストレート・テーパー・丸(木地仕上げ)などの脚のデザインを中心に
 ご注文を頂いてから製作しております。

nara.jpgkurumi+y.jpgnire.jpgbeech.jpg

大量生産ではありませんので、お好みの組み合わせができます。
材とサイズ、デザインの組み合わせで何通りものテーブルになります。


今までにたくさんのご注文頂きましたが、
ご家族の数だけ違う組み合わせのテーブルをお届けしたように思います。

テーブルは主に食事に使う家具ですが、
 
 家族の団欒・お茶やおやつの時・新聞を読む時
 宿題や家計簿をつけたり手紙を書いたり・・・毎日使う道具です。

毎日使うテーブルだからこそ、木の温もり溢れる物をお勧めしたいのです。


「木っていいですね〜」 ニコニコしながら皆さんおっしゃいます。


木には人の気持ちを和ませる魅力があるようです。


植物性のワックスを使い 職人の手で仕上げたテーブルは、
柔らかい手触りで目にも心にも優しいのです。



傷がつきませんか? とよく聞かれます。

  
初めのころはマイナスイメージに取られては・・と思い、
どうお答えするのか思い悩んだりしました。

でも今は、傷がつくことよりも大切な価値観を解って頂こうと考え、
ありのままを説明するようにしています。


「木ですから(もちろん)傷は付きます。」


こう答えるとちょっとびっくりされます。


この後に傷がついたときの対処方を説明していますが、
“傷はつきません” という答えを期待されていたのでしょうか?


きっと今までに苦い(?)経験があるのですね。


突き板(合板の表面に薄く材を張っているもの)のテーブルの天板に
穴が開いたり、めくれてきたり、はげて地肌が出たり、修復不可能な
状態になったことがあるので、そう思われるのだと思います。

せっかく買い換えても傷がついてしまったらどうしよう・・
と不安に思われたり
それなりの金額がするテーブルに傷つくのはもったいない・・
お考えの方もいらっしゃるでしょう。


樹種によって差はありますが、硬いものがぶつかるとと凹みます。
食器の糸底やお箸でも傷が付くことがあります。
小さなお子さんのフォークで穴が開いたテーブルは多いと思います。

冬の乾燥や温冷風などで、反ったりヒビ割れたりすることもあります。

全て無垢材の証なのです。


これらをマイナスと捕らえずに頂きたいのです。


天板についてしまった傷はある程度目立たなくできます。
蒸気などで水分を含ませると少し凹みが戻ったりします。

水拭きを繰り返しているとカサついてきますが、ワックスを掛けると
しっとりとした手触りが戻り 水もまた弾くようになります。

お部屋が乾燥しているとお肌もカサカサになりますし、
のどが乾き、風邪も引きやすくなりますよね。
乾燥はテーブルにとっても大敵です!

加湿器を使うことで、美容にも健康にもテーブルにも潤いを与えます。

傷はつくものと思って使うのと、
傷がつかないようにと思って使うのと、
ストレスが違ってきます。 

ちょっとの手間を(思い出した時に)かけて頂きたいのです。

物を大事に使い続ける事や (ちょっと面倒でも)手を掛けることで
少しづつ付き合い方も解ってくると思うのです・・・。


その気持ちが『愛着』なのではないでしょうか。


お求め頂く時の説明は忘れてしまうと思いますので、
何か起きてしまった時や困ったときにご相談下さい。 
具体的にご説明し、愛着を育むお手伝いを致します!


近郊の方はメンテナンスサービス(有料)にもお伺いしますので
ご相談下さい。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

オーダーテーブルをお探しの方やご検討されていらっしゃる方は、
ご希望の材とサイズとデザインをお知らせ下さい。
見積価格をお知らせいたします。(パンフレットやサンプル材も用意しております。)

お届けまでには1.5から2ヶ月の予定です。

遠方の方は天板と脚を別々に梱包してのお届けになりますので、
組み立てをお願いいたします。

ご相談お待ちしております。









    




 
posted by ノースファクトリー | 店長コラム

ウッドフレームソファ

ノースファクトリーの3タイプのソファの一つ
木のフレームのソファをご紹介します。

N-3-GN.jpg


パイン材、クルミ材、ナラ材、ハードメープルなどを使って製作しています。
植物性のワックスを使った柔らかな手触りが特徴です。 


K-2.jpg
人気のクルミ材(生地は綿麻)


座と背には低反発ウレタン+羽毛入りのクッションを使い、
適度な沈み込みが快敵です。
腰への負担も少なく、長時間座っても疲れません。

背側のデザインも素敵なので、リビングの真ん中において
ダイニングと仕切る事もできます。

N-1-B.jpg N-2-B.jpg

1人掛け、2人掛け、3人掛け、オットマン、コーヒーテーブル
が同じデザインで揃いますので、ご家族の人数やお部屋の広さに
合わせてコーディネートできますよ。

N-1.jpg ナラ材に花柄生地

P-2.jpg パイン材にささ和紙生地

N-3-N.jpg 濃い着色のナラ材(生地は廃盤) 


K-O.jpg 足載せですが、ソファと同じ高さなので座ってもOK 

N-T.jpg
テーブルの下の棚に新聞などが置けて便利です。棚無しも製作します。


クッションの生地は麻、オーガニックコットン、ささ和紙が中心ですが、
本革や化繊なども用意しています。
お部屋の雰囲気に合わせて、素材や色味をお選び下さい。

クッションはカバータイプになっていますので、
取り外してお洗濯することができます。
小さなお子さんのいらっしゃるご家庭や
ペットを飼っている方にも好評です。

カバーを用意しておくと、お洗濯の時や模様替えに便利ですよ。

N-2-C.jpg 綿の花柄のカバーから格子の麻生地に交換


現在 クルミ材の2人掛けにヘリンボーン柄のカバー(麻100%)
で展示しています。
座り心地 や 質感 デザイン など を是非ご確認下さい。
posted by ノースファクトリー | 店長コラム

キッチンリメイク 天板の交換

一昨年にダイニングテーブルをお求め頂いた方から
「レンジフードが故障したので交換したい」と相談を受けました。

ご自身でキッチンの扉などを白くペイントしてお使いでしたが、
できれば天板も交換したいとのこと。

RIMG0745.jpg RIMG0746.jpg

写真ですと白い扉が素敵なキッチンですが、よく見ると傷みが目立ちます。

RIMG0789.jpg RIMG0795.jpg RIMG0796.jpg

  ・小さい方のシンクが使い難く
  ・シンクとの境目が何箇所も欠けて
  ・天板のつなぎ目も目立ち
  ・排水の臭いも気になる とのこと

『取り替えるなら天板は真っ白に!』とのリクエストで
小シンクを無くして新しいシンクを組み合わせ 取り付けました。

RIMG0813.jpg

レンジフードも全体の雰囲気に合わせて白いタイプに交換しました。

RIMG0811-1.jpg RIMG0817.jpg

シンクの使い勝手が良くなり、お子さんとのお菓子作りが楽しめる
快適なキッチンになりました。 もちろん排水の臭いも改善されました。



部屋の間仕切り戸をリメイクしたり、ナチュラルなディスプレイをされて
暮らしを楽しんでいる様子をちょっとご紹介します。

RIMG0817-2.jpg RIMG0800.jpg RIMG0799.jpg

RIMG0810-2.jpg RIMG0802.jpg

木の温もりのテーブルもお嬢さんたちのお気に入りのようで、
嬉しくなりました。 材質はクルミです。

  このテーブルのご購入にはエピソードがあり、
  子供の時のお年玉をずーっとお母様が貯めていて、
  結婚の時に渡して下さったそうです。 

長く使える物を・・とこの貯金を充ててテーブルをご注文下さいました。

素敵ですね〜。 

いつまでも愛着のもてる家具づくりを心がけたいと思います!



キッチンのリメイクはキッチンの条件にもよりますが、
 
  天板だけの交換も
  扉だけの交換も
  シンクや水栓金具を変えることも
  ガスコンロやレンジフードの交換だけも

オーダーだから出来るんです。

今まであきらめていた方も是非一度ご相談下さい。お待ちしてます。



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

ハードメープルのテーブル

2/26のキッチンリメイクの方の家具をご紹介します。
キッチンの全景にも写っていて、存在感がありましたね。

RIMG0715-2.jpg

テーブルは扉と同じハードメープル。
滑らかな手触りのワックス仕上げです。

テーパーを取った細めの脚で、華奢な印象になるように製作しました。
エルボチェアやYチェアとの相性もばっちりです。

RIMG0713.jpg


普段はエルボチェアを4脚セットし、
お客様がみえた時にはYチェアもお使いです。

RIMG0732.jpg RIMG0733.jpg 

座のオレンジがアクセントになり、暖かな印象のダイニングになりました。



テーブルは材質を変えたり脚のデザインやイスとの組み合わせで
印象が変わります。



最近ノースファクトリーのテーブルに
Yチェアやエルボチェを組み合わせる方も増えています。



◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇
 



ノースファクトリーのベッドはシンプルなアーバンスタイルが定番です。 
パイン材やナラ材で作ることが多いベッドです。

bed.jpg


でもリクエストは優しい印象の丸脚・・・。

そこでリクエストにお応えして作っちゃいました。

RIMG0754-2.jpg 

基本は同じで、ヘッドボードと脚のデザインを変えました。
緩やかなカーブが優しげです。

マットは“ぐっすり眠れる・・!”“腰に負担がない・・”
と評判のものをお勧めしました。


RIMG0750.jpg マットの下は通気性の良いスノコタイプ。


パイン材で作りましたが、材質や色味を変えることもできます。

今のショップにベットは置けませんが、
シングル、セミダブル、ダブルの他オーダーもお受けしてます。

木のフレームのベットをお探しの方は是非ご相談下さい。



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

マンションの天井も化粧梁でリメイク

以前 『新築マンションのキッチンリフォーム』 でご紹介した方が、
キッチンとリビングの天井に=化粧梁=を取り付けられました。


キッチンの天井には壁と同じ珪藻土を塗っていましたので、
梁がついてよりナチュラルに!!

RIMG0767.jpg  RIMG0768.jpg


リビングの梁はスピーカーの取り付けと合わせて行い、
マンションとは思えない佇まいになりました。

RIMG0770.jpg

梁を取り付ける前はごく一般的な天井でした。
キッチンと同じ仕様の梁がついたことで
キッチンからダイニング、リビングへと一体感が生まれたのです。

RIMG0782.jpg  RIMG0779.jpg

スピーカーは大型テレビの横にもありましたが、
天井には4台も付きました。
梁と組み合わせたことでしっかり固定され、安心です。

音楽や映画など臨場感溢れ、うらやましいですね〜。


あなたもナチュラルなマンンションライフへリメイクなさいませんか?

ご相談をお待ちしております。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆


工事に伺った日 奥様は丁度お菓子作りの最中。

壁面カウンターの人大天板に埋め込んだ大理石で材料を捏ねて、
デコレーションケーキとメロンパンを作ってらっしゃいました。

RIMG0774.jpg
RIMG0773.jpg  RIMG0772.jpg

工事の間中 甘くておいしそうな香りが漂っていました。
甘い香りは何とも幸せな気分にさせてくれます!


お菓子やパンを作る方に大理石のプレートは欠かせませんね。

台の上に置いて使うと動いてしまいストレスになりますが、
埋め込んでしまえば快適です。

それができるのもオーダーならでは!


こちらも是非ご相談下さい。


もちろんマンションだけではなく、戸建てでも工事可能です。







posted by ノースファクトリー | 店長コラム

ナチュラルキッチンにリメイク

ご新築時 システムキッチンの扉全てを『木の扉』に交換された方のキッチンをご紹介します。

RIMG0715.jpg

材質はハードメープル 框組の扉は洋書を参考にしたオリジナル。
かわいらしすぎず シンプルすぎず 重厚さと木の温もりとを併せ持った
『ナチュラルキッチン』 に生まれ変わりました。 


リメイク前のキッチンは、白い扉のシステムキッチン 
対面キッチンと壁面収納の他にリビング側にも収納のあるフル装備でした。

この無機質さがお好みの方もいらっしゃると思いますが 
弊社に相談に見える方の多くは 温もりのある『木の扉』を希望されます。


ROT01656.jpg ROT01664.jpg
 
ROT01651.jpg RIMG0681.jpg


ROT01657.jpg RIMG0665.jpg

取手も取替え、家具のようなキッチンにリメイクされました。

いかがでしょう?

ノースファクトリーでは、お使いのキッチンからのリメイクやりフォーム 
ご新築やりフォーム時のフルオーダーでのキッチンを製作しております。

素材の組み合わせからレイアウトまで 使う方のリクエストにお応えします。

是非ご相談下さい!



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

トラディショナルスタイルのソファ

ノースファクトリーのオリジナルソファは3種類。

それぞれに特徴がありますが、まず最初は
ロングセラーの『トラディショナルソファ』を紹介します。

form.jpg

このソファはもう10年近く販売しています。

洋書などでも良く見かけるデザインを参考にしたもので、
座にウェーブバネ 背にコイルバネを使い、生地を張り込んでいます。

丸みのあるフォルムからは想像できないかもしれませんが、
座り心地はカタメです。
座った瞬間にびっくりされる方が多いです。
柔らかいほうが気持ち良いと思われる方もいらっしゃると思いますが、
堅い方が腰に負担を掛けないのです。

発売当初はカントリー全盛期でアメリカの厚手のチェック生地を使い
「カントリーソファ」として販売していました。
写真はグリーンですが、赤いチェックが一番人気があり、
道外のお客様からもたくさんご注文を頂きました。

cc-2st.jpg
 


ナチュラルなインテリアにも合う無地や麻生地でも作るようになり、
ロングセラーを続けています。

l-2st.jpg 
c-2st.jpg

名称も『トラディショナルソファ』に変えましたが、こちらの方がしっくりくるように思います。


t-3+1st.jpg


s-2+1st.jpg



落ち着いた中にも優しさのあるお部屋作りにお勧めします。

サイズや生地、価格などは こちらを

さらに詳しく知りたい方はメールや電話でお問合せ下さい。




posted by ノースファクトリー | 店長コラム

寛ぎの空間

昨年11月にソファやリビングボードなどの家具をお求め頂いた
お客様から ソファと共布の「オットマン」のご注文を受け、
先日お届けしてきました。

通常家具の配送は旭川の工房から直接お届けしています。

そのため自社の家具をお使いいただいている様子を見せて頂く
機会が少なく、チャンスがあればお伺いするようにしています。

ショップに展示しているのとは違い、生活に溶け込んでいる家具
は、なんだか頼もしく思えるものです。
お届けした時に、家具をお使いいただいての感想を聞かせて頂ける
というのも得難いことです。

今回のオットマンは私一人で持つことが出来ましたのでお届けして
きました。 手前のがお届けしたオットマンです。

t−s.jpg

三人掛けと一人掛けのソファにクルミ材のコーヒーテーブル。
ナチュラルで落ち着いた印象ですね。

ノースファクトリーのソファは3タイプありますが、曲線が美しい
トラディショナルソファをお選び頂きました。
画像ではグレイがかって見えますが、実際にはもう少し茶色が混ざった
生地です。 一人掛けで展示していて、評判が良い生地です。

イギリスなどでよく見かける形を元にデザインを起こしたもので、
長く愛されているソファです。 

             t-s-2.jpg

ウールのラグとも相性がピッタリ。
色合わせがとても素敵です。

イギリスの綿麻生地のクッションは昨年から販売しているもので、
お部屋のアクセントになっていますね。



t−tv.jpg

薄型のテレビに合わせたクルミ材のテレビボード。
予定よりワンサイズ大きいのにされたそうです。

無機質なテレビですが、クルミ材に載せたことで
空間が柔らかくみえます。 

木の小物や植物、バスケットなどの自然素材をバランス良く
配置していますね。 



      t-l.jpg

二連と三連でご注文頂いたリビングボードはキッチンの前と
ファックスや水槽を載せてお使いでした。
三連は真ん中に引き出しのあるデザインで使い良さそうです。

これらの家具は《アーバンスタイル》というシリーズで、マンション
などの空間にも『木のぬくもりを』というコンセプトで展開しています。

マンションの機能性と 木の温もりと 異質のもののようですが、
うまく調和させた事で、優しい寛ぎの空間が生まれている と感じました。









posted by ノースファクトリー | 店長コラム

キッチンリフォーム-5

築10年ほどの戸建てキッチンの
 ・天板
 ・機器類
 ・扉
をリメイクした例です。

まださほど古くはないキッチンですが、機器類の使い勝手や
扉の質感などを不満に思いながらお使いでした。
(同じ思いの方もきっとたくさんいらっしゃいますよね。)

リメイク依頼のきっかけはコンロの不調でした。

コンロの交換を決意され、いろいろと探されたそうですが
イメージに合うものが見つからず、雑誌に掲載されていた
弊社に相談に見えられたのです。

店内のキッチンは丁度ガスコンロの展示を変えたばかりで、
一目で気に入られ 機器類の使い難さの解消と
木の扉への交換をされることになったのです。

   k-1.jpg

   k-2.jpg

天板は白の人工大理石に。
扉はパイン材の框組 少し時間が経ったような着色に白陶器の取手です。


k-9.jpg k-5.jpg

レンジフードはフィルターが高い位置にあるタイプで、
コンロも汁受け皿が大きく どちらもお掃除がとても大変でした。

k-11.jpg k-3-1.jpg
 
新しいレンジフードは整流板が付いて、お掃除しやすいタイプです。

コンロはステンレスのゴトクに魚焼き器も分解して洗えるタイプにされ、
リメイクをきっかけにコンロ下に電子コンベックを入れられました。

電子コンベックはガスオーブンと電子レンジ機能が付いていて、
同時に使えるものです。お料理の幅が広がりますね。


  k-7.jpg

大きなシンクですが、シンク左側の天板スペースが無いために
洗いカゴをシンクにまたがせてお使いでした。
そのために食器を洗うスペースが狭くなりストレスに・・・。

  k-8.jpg

サイズは小さくなりましたが、洗いカゴを置けるスペースも天板に確保し
使いやすくなりました。


壁面収納も扉と天板を木に換えました。

                     h-1.jpg

      h-2.jpg

キッチンと収納 天板と扉の質感が替わったことで
明るくナチュラルになり とても喜んで頂けました。


冬休みに入ったばかりの工事の朝、
扉や天板がはずされて行くのを見ていた小学生のお子さんが 一言
 
   「なんだか寂しい感じがする・・・」

ちょっとドキッとしました。

今まで工事に立ち会って、
新しくなることへの期待の言葉はたくさんお聞きしましたが
無くなっていくものへの思いを聞いたのは初めてでした。

交換が終わったあとには

   「新しいのもいいと思う。お母さん木が好きだから」

                     ホッとしました。 

今まで以上に身近に思えるキッチンになっていって欲しいなと思い
ながら、一年の仕事を終えたのでした。


ご家族の健康を支えるキッチン 

   気持ち良く、使い良いキッチンに
   リフォーム・リメイクなさいませんか?

ノースファクトリーでは、あなたの願いを叶えるキッチンを製作
いたします。  ご相談をお待ちしております。



5回のシリーズでいろいろな形のリフォームをご紹介してきましたが
次回からは家具の紹介をしていく予定です。 


posted by ノースファクトリー | 店長コラム

キッチンリフォーム-4

2008年の仕事納に
2日続けて2件のキッチンリフォームを行いました。

1件はフルリフォーム 
もう1件は本体はそのままで扉と天板と機器類の交換です。

ちょっとハードでしたが、
どちらもスムーズに進み、無事完成しました。

お客様のキッチンへの思いは様々ですが、
ノースファクトリーへご注文いただく方に共通しているのは
『木の扉』のキッチンにしたい という事のようです。

今年もお一人お一人のこだわりにお応えして、
快適なキッチンをご提案して参ります。


ではフルリフォームの方のご紹介を

元は、築26年のマンションでキッチンは2100の壁付けでした。

m-4.jpg

キッチンの狭さと扉の質感、機器類の古さを解消したいと
ご相談を受けました。

大工さんに袖壁を作ってもらい、
2100×2100の対面L型キッチンにリフォーム。

m-1.jpg

人工大理石の天板にパイン材の扉を組み合わせ、
袖壁のカウンターも扉と同じパイン材の天板に。

m-2.jpg

ステンレスにセラミック塗装のシンクは
傷が付きにくく水はねの音も気になりません。
マンションには最適ですね。

水栓はご希望のスワンネック。
シャワーに切り替えれて、先端が引き出せます。

m-r.jpg

コンロはロジェール。
  実は =ロジェールを使いたい=というのが
  一番の願いだったのです。
  海外で使ってらして、一番使い良いのが
  ロジェールだったそうです。
このロジェールは今年中に販売を終了します。
ご希望の方はまだ間に合いますのでお急ぎ下さい。


コーナーはオープンにしてお鍋などの収納に。

レンジフードも白に。
吸い込みが良く音も静かになりました。


今年こそキッチンのリフォームを・・・とお考えの方
ノースファクトリーへご相談下さい。

お待ちしております。





 



posted by ノースファクトリー | 店長コラム

無垢の床

KAKI0050.jpg

ノースファクトリーでは、道産材の 『ナラ』 を加工した床材をお勧めしています。

DW0515.jpg 0519.jpg

木肌が整っているわけではありませんが“節有” でなんとも味のある木材です。

幅が15cmあり、長さは45cm〜140cmの乱尺、厚みは15mmの無垢材です。 ナラなので重量はあります。

フロアーのようにパンパンと張れるわけではありませんが、大工さんからは張りやすいと言われています。

KAKI0028.jpg KAKI015.jpg

一般の住宅では、フロアーといって表面に薄い木を張った 幅も長さも一定の『合板』の床材が多く使われていますが、この『無垢』の床材の存在感は圧倒的です。

DW431.jpgDW527.jpg

この床材は隣り合った材と材の間が2mm離れています。
目透かし といい、アンティークな雰囲気を醸し出しています。

P00795.jpg PN0794.jpg  

この材1枚1枚にオイルステインや柿渋で着色し、植物性のワックスをかけます。 全て手作業です。

一般的な床はウレタンで塗膜をつけるため 素足で歩くとペタペタとしますが、ワックスは樹脂分を木の表面に付着させているだけなので、木の呼吸を妨げず足ざわりの良さは格別です。

画像でその心地よさをお伝えできずに残念ですが・・・・。

ショップの床にもこの材を採用しました。

素足で歩いていただくことはできませんが、是非実物をご覧になって下さい。

ご新築やリフォームの際のご相談をお待ちしております。




posted by ノースファクトリー | 店長コラム

キッチンリフォーム-3の詳細

前回ご紹介しましたキッチンリフォームの詳細です。

re01247.jpg

リフォーム前のキッチンはステンレスの天板&シンクに濃い色の扉。

ガスコンロの痛みやレンジフードの吸い込みが気になり、
明るく使いよいキッチンにリフォームしたい・・・
とノースファクトリーに相談にみえました。

希望されたのは木の扉のキッチンと機器類の入替。
新たに食洗機を入れ、手入れのしやすい天板にとのリクエスト。

お客様のご希望をノースファクトリーが実現しました!

re0496.jpg 

パイン材にアイアンの取手を組み合わせ
落ち着いた『カントリースタイル』のキッチンになりました。

re0505-1.jpg ガスコンロとレンジフードは白に

ガスコンロはホーロートップに水なし両面焼きグリルつきです。
グリルの部材も分解でき、ステンレスの五徳も手入れのしやすいタイプ。 
シルバー色が主流なのでしょうが、白も魅力です。

画像ではわかりませんがプロペラファンからシロッコファンに換わり
吸い込みが良くなり、音も静かになりました。

re0504.jpg ミーレの食洗機をビルトイン。

お仕事されているので朝の食器洗いがとても楽になられたようです。
お引渡しの翌日から使いこなしていらっしゃいました。

re0502.jpg

キッチンのキャビネットは全部新しくなりましたが、吊戸は扉だけの交換です。 扉の交換だけでもイメージが変わりましたね。

壁面一面に置いていた食器棚もパントリーとカウンターに換えました。

re0498-2.jpg

パントリーは奥行きもあり、食器や調理器具、食材のストックに◎です。
吊戸の下に小物の棚をつけました。
後日伺った時にはスプーンなどの入ったお揃いのキャニスターが並んでいました。すぐ取り出せて便利そうです。
下の引き出しには食器がびっしり。
引き出しは奥のものも取り出しやすくて使い良いですね。

カウンターの天板は木枠のタイル。
キッチンの人大とは違い、ぽってりと柔らかな印象です。
ここは炊飯器の指定席。

re0499-2.jpg


キッチンの他に洗面もオーダーされました。

re0454.jpg

白い陶器のボウルにクロスハンドルの水栓。
朝シャンはできませんがなんとも愛らしい・・・。


ノースファクトリーでは サイズもデザインも使い勝手も可能な限り、リクエストにお応えします。

木の温もりと気持ちの良さを是非味わってください!

ご相談をお待ちしています。

次回は床材のご紹介を予定しています。
posted by ノースファクトリー | 店長コラム